ライティング マーケティング

ブログ

コンテンツライティングとは?マーケティングに求められる基本テクニック

「コンテンツマーケティング」という言葉を聞いたことがありますか?コンテンツマーケティングは、文字どおり、コンテンツを作ってマーケティングを行う手法です。

そのコンテンツマーケティングの根幹を成す技術が「コンテンツライティング」です。Googleはアルゴリズムを日々改良しており、現在はWebサイトの内容までしっかり把握しているといわれています。コンテンツライティングとは、実はGoogleを意識したライティングテクニックでもあるのです。

特に最後の章では、SEOを意識した文章の書き方や”集客に繋がるコンテンツライティングのコツ”をご紹介しています。ぜひ、最後までお読みいただければと思います。

コンテンツライティングとは?

ライティング マーケティング

コンテンツライティングとは、Webサイト用のテキストコンテンツを書くことです。そのため、コンテンツライターにはSEOを意識してテキストコンテンツを書くことが求められます。

コンテンツライティングは、現在、幅広く行われている「コンテンツマーケティング」において非常に重要です。ホームページを持っていない企業などほぼありません。あなたの会社も競合他社も、ホームページを運営しているはずです。

このようにホームページが乱立する中で、特定のキーワードで検索結果の上位に表示されるためには、SEOが必須です。しかし、今のGoogleは一筋縄ではいきません。その昔に行われていた「相互リンク」などのSEO手法は通用しないので、コンテンツの「質」を高めて上位表示を狙う必要があります。

このようにGoogleのアルゴリズムが大きく変化したことで、コンテンツの重要性が認識されるようになりました。多くの会社がコンテンツマーケティングに取り組んでいるのがその証しです。現在、Webライター(コンテンツライター)が求められている背景には、コンテンツの制作需要の激増があります。

コンテンツライティングの流れ

ライティング マーケティング

コンテンツライティングの作業の流れは、それぞれの企業や記事作成代行会社により異なるので、毎回、同じ流れで作業が行われるわけではありません。ただし、基本的な流れはあるので、ここでご紹介します。

ペルソナを設定する

ペルソナは商品やサービスのターゲットとなるユーザーの典型的な人物像です。ターゲットというと、年齢層、性別といった感じでやや大まかに設定しますが、ペルソナの場合は名前、職業、年収、学歴、居住地域、家族構成まで細かく設定します。しかし、なぜ、ここまで細かくペルソナを設定しなければならないのでしょうか?商品やサービスのユーザーなら、もっと幅広く見てもいいような気がします。

実は、ペルソナはマーケティングに関わるスタッフだけではなく、商品やサービスの開発に当たるスタッフなども含めて、すべてのスタッフが同じ方向を向いて、ブレずに施策を進めていくために設定します。細かく設定することで、関わる者全員に正しい顧客イメージが共有されるのです。当然、コンテンツもペルソナに向けて制作します。

ペルソナ設定の方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事「マーケティングにペルソナは必須|ターゲットとの違いや設定のコツも解説」をご覧ください。

キーワードを選定する

ペルソナを設定したら、ペルソナの心理や行動を考えながらキーワードを選定します。ユーザーの行動には段階があり、まだ商品やサービスを認識していない人と、購入の意志をすでに固めている人では、投下するコンテンツもそのコンテンツに使われるキーワードも異なります。

キーワードツールを利用するなどして、月間検索数やサジェストを参考にキーワードを選定しましょう。キーワードを選定したら、そのキーワードでどんな記事が書けるのか、情報を集めます。

キーワード選定の方法や集客に関する記事は「『行動する読者』を呼ぶブログ集客のコツとは?3つの視点と7つの方法」に置いておくので、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツを構成する

コンテンツの構成にはさまざまな方法があり、コンテンツに合わせて選びます。ただ、コンテンツマーケティングにおいて好まれるのは結論が先に来る構成です。ペルソナに向けて結論を最初に提示し、その理由、商品やサービスの魅力を説明し、再度、結論を提示します。この結論が最初に来る構成にもバリエーションがあるので、一般的なものを紹介しておきます。

PREP法

PREP法は、「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(例)」「Point(結論)」の順に文章を構成する方法です。PREP法は、企業のランディングページなどによく使われているコンテンツライティングと非常に相性のいい構成です。詳しくはこちらの記事「アクセスが集まるブログ記事の書き方【現役ライターのSEO戦略】」で解説しています。

SDS法

SDS法は、「Summary(要約)」「Detail(詳細)」「Summary(要約)」の順に文章を構成する方法です。PREP法よりもシンプルで、しかもメッセージを受け取る側にとって非常にわかりやすいことが特徴です。要約から入り、要約で終わることで、メッセージを受け取る側は内容を整理しやすくなります。

ただし、必ず結論から書かなければいけないわけではありません。マーケティングにおいては、「PASONA」など、問題提起から入り、ターゲットユーザーを行動に導くものもあります。型を意識しすぎるのではなく、伝わる、そして行動へと導ける文章構成を意識しましょう。※ライティングの法則に関して、もう少し深く知りたい方はこちらの記事「ペン1つで人を行動させるセールスライティングの『6つの法則』」を読み込んでみてください。

タイトルや見出しには必ずキーワードを含めます。「サジェスト」や、同種のコンテンツに使われる傾向のある「共起語」などもタイトルや見出しに含められるようなら含めましょう。サジェストや共起語は、ライターに構成を渡す際に本文中に含めるように指示するとコンテンツの質が上がります。構成が固まったら、つづいてライティングです。

ライティング

ライターにライティングを依頼します。インターネット上には、競合他社のWebサイトを筆頭に、似たようなコンテンツが数多く存在しています。この中で差別化を図るには、SEOによる上位表示はもちろんのこと、コンテンツの質を高める必要があります。

ライターにはキーワードのほか、共起語やサジェストを使うよう指示し、さらにシンプルで読みやすい文章を書いてもらいます。

ライターは構成、指示されたことに忠実に本文を書いていきます。その際、日本語として違和感のない文章を書くことを心がけましょう。同じ語尾の連続、不自然な改行、表記揺れなどに注意します。

校正・校閲

校正と校閲は、本来、ライターの仕事ではありません。最終的にコンテンツをチェックするのはコンテンツ制作を発注した側ですが、コンテンツを完璧な状態に仕上げることもライターの義務です。

したがって、ライターは書き上げたコンテンツを読み直し、誤字脱字、日本語として違和感のある言い回しなどを修正します。ライターから完成したコンテンツが提出されたら、ライティングを依頼した側でも必ずチェックを行ってください。

ちなみに校正は、コンテンツライティングの場合は主に誤字脱字、句読点の打ち間違いなどを正す作業です。

一方、校閲では、校正に加えてストーリーの矛盾、差別表現などのチェックも行います。

コンテンツライティングの注意点

ライティング マーケティング

コンテンツライティングは、ライターがコンテンツを書く作業のことですが、ご紹介したように、実はライティングの前段階にコンテンツを構成するという重要な作業があります。

コンテンツを構成する段階では、キーワード調査なども行うため、どうしてもSEOへの意識が強くなります。SEOを意識することは重要ですが、コンテンツに含めるキーワードの数まで指定するなど意識しすぎると、日本語として不自然なコンテンツができあがる可能性があります。

また、ターゲットユーザーの視点抜きでコンテンツマーケティングは機能しないため、自社の商品やサービスを持ち上げるばかりのコンテンツにならないよう、配慮することも重要です。

最後に|集客できるコンテンツライティングの書き方

ライティング マーケティング

コンテンツライティングに関わっているのはライターだけではありません。コンテンツの出来はライターの能力だけではなく、構成にも左右されます。以上を踏まえたうえで、質の高いコンテンツを作りましょう。

追伸

集客を目的としたライティングを視野に入れている方は、こちらの記事「月間6.3万PV突破|どんどん集客できるブログの書き方」を参考にしてみてください。私はこの記事の書き方を学んだおかげで、集客できるブログを作ることができました。初心者ライターの方にオススメの記事です。

WebライティングWebライティングの基礎知識・Webライターにとって必須の知識を紹介前のページ

個人で行うTwitterマーケティング【個人事業や副業に役立つ】次のページTwitter マーケティング

関連記事

  1. ブログ 書き方 SEO

    セールスライティング

    アクセスが集まるブログ記事の書き方【現役ライターのSEO戦略】

    この記事では、下記の3点を中心にお話していきます。ブログの「…

  2. 導入文の書き方

    セールスライティング

    読者を逃がさない導入文の書き方|実際のブログ記事を例に解説

    導入文の時点で「この記事、何か違う気がする」と感じさせてしまうと、そ…

  3. マーケティング ターゲット ペルソナ

    セールスマーケティング

    【ブログ集客大全】見込み客を呼ぶ3つの視点と7つのコツ

    ブログ集客は、今なおWebマーケティングの根幹を担う集客手段です。…

  4. 文章で稼ぐ

    セールスライティング

    文章で稼ぐ「6つの方法」をプロライターが徹底解説

    文章を書いて稼ぐことは「簡単」とも「難しい」とも言われますが、どちら…

  5. Webライティング

    ブログ

    Webライティングの基礎知識・Webライターにとって必須の知識を紹介

    Webライティングの仕事が注目を集めています。こんなご時世ですし、在…

  6. Twitter ブログ 連携

    ツイッター

    ブログとTwitterを連携させることで生まれるメリットについて解説

    本記事ではブログとTwitterを連携させることで生まれるメリットに…

文章で稼ぐメルマガ講座

影響力を獲得するLINE講座

カテゴリ

  1. ブログ 書き方 SEO

    セールスライティング

    アクセスが集まるブログ記事の書き方【現役ライターのSEO戦略】
  2. 売れる営業マン

    セールス

    「売れる営業の本質」を話そうか。将来の息子に向けた7通の手紙
  3. ブログ集客 ライティングスキル

    セールスライティング

    ブログ集客を始めるならライティングスキルを磨きなさい
  4. 文章で稼ぐ

    セールスライティング

    文章で稼ぐ「6つの方法」をプロライターが徹底解説
  5. 営業 うまくいかない 辛い

    セールス

    【盲点】営業が辛い、うまくいかない人が知るべき”たった2つ”のこと
PAGE TOP