キャッチコピー 例文

セールスライティング

誰にでも刺さるキャッチコピーの作り方を例文付きでご紹介します

テレビから流れてくる印象的なフレーズ。そんなフレーズは小気味よい音楽に乗せられたり、時にはしつこいほどに繰り返されたりして、視聴者だけではなく、実際にはテレビを見ていない人たちの注意まで惹きつけています。

このようなキャッチコピーは、直接商品の売上に関与しているわけではありません。その商品やブランドを人々に印象づけ、「気になるな」「いつか買ってみたいな」という気持ちにさせるのがキャッチコピーの役割です。

この記事では、なかなか簡単にはいかないキャッチコピーの作り方や、キャッチコピー作りの際に注意すべきことを解説しています。キャッチコピーをマーケティングにうまく活用したいと考えている人は、ぜひ読んでみてください。

キャッチコピーの定義

キャッチコピー 例文

キャッチコピーとは、商品やサービスだけではなく、ブランドや社名などを人々に印象づけるために使われる、インパクトのある短いフレーズのことです。

キャッチコピーの「キャッチ」は、英語で「注意を引く」などの意味を持つ単語。「コピー」は「広告文」を意味しますが、キャッチコピーという言葉自体は日本で生まれた和製英語です。

私たちは、日常生活のいたるところでキャッチコピーに出会っています。駅ナカ、電車やバスの車内、街角、スタジアム、ショッピングセンター…数え上げればきりがないほどの場所で、キャッチコピーに出会い、瞬間的にキャッチコピーを読み、自分にとって有益なものなのかどうかを判断しているわけです。

そのため、作る側としては、商品や企業の本質を瞬間的に伝えられる秀逸なキャッチコピーを作る努力をしなければなりません。

広告などで使われるコピーの種類

キャッチコピー 例文

広告などで使われているコピーは、キャッチコピーのほかにもあり、用途により使い分けられています。ここでは、そのなかから主なものをご紹介します。

タグライン

タグラインは、ブランドのロゴとセットで使われることの多い、短く、印象に残るフレーズです(タグラインの用語解説)。ブランドイメージを表すための補助的な役割を果たしており、そのブランドや企業の社会でのあり方が人々にすぐわかるように考えられています。

キャッチコピーが使われる期間はそれほど長くありませんが、タグラインはブランドや企業の不動のイメージを伝えるため、長い間使われるという特徴があります。

「インテル入ってる」
「あしたのもと AJINOMOTO」

などがタグラインです。

ボディコピー

ボディコピーは、キャッチコピーやタグラインとは異なる長い文章です。通常はキャッチコピーとセットで使われ、キャッチコピーで惹きつけたユーザーに、商品やサービス、ブランドをもっと詳しく紹介するような内容で構成されます。キャッチコピーでは紹介できなかった詳細な内容を伝えることで、商品やサービス、ブランドの価値観を高める役割を果たします。

キャッチコピーの作り方

キャッチコピー 例文

ユーザーを引きつける役割を果たすキャッチコピーには、驚きや意外性が必要です。しかし、驚きや意外性が必要だと言われても、漠然としていてどうやって作ったらよいのかわかりません。効果的なキャッチコピーを作るにはどうしたらよいのでしょうか?

ターゲット設定

何もないところにキャッチコピーはありません。キャッチコピーには広告があるはずです。まずはその広告を出す目的をはっきりさせ、次いでどんなターゲットに、どうやってメッセージを届けるのか考えると、どんなキャッチコピーにすればいいのか見えてきます。

目的も、伝えたい人もわからない状態では、メッセージなど思いつくはずもありません。もし、伝えたい人を設定することが苦手な人は、こちらの記事「ペルソナ設定でこれまでの企業視点のフレームワークを顧客視点に」を参考にしてみてください。

言葉集めをする

キャッチコピーには驚きや意外性が欲しいので、どこからかそんな言葉を集めたいものですが、この作業もそうかんたんではありません。商品やブランドの魅力を並べるだけだと、ユーザーは興味を示してくれないでしょう。なぜなら、それは企業の勝手な都合だからです。

言葉集めの際は、「ひらめき」や「直感」といった能力を頼りましょう。当たり前のことだけをやっていたのでは、驚きや意外性につながる言葉はなかなか見つかりません。常識とは離れた、何か突飛なアイデアは、何か本能的な力から見つかるものです。

キャッチコピーを作る際は、ターゲットの側に立って考えることが重要です。商品やブランドの魅力が伝わるような言葉を選ぶヒントは、ターゲットの側に立つことで見えてきます。ターゲットが持っている悩みや問題、それらへの同情とそこから生まれる共感。このような感情の中には、ターゲットに響くキャッチコピーになり得る言葉があるはずです。

ひとつやふたつではなく、なるべく多くの言葉を集めて組み合わせることで、意外性のあるキャッチコピーが生まれるかもしれません。

ターゲットの行動を意識する

私たち人間の心理と行動には関係があります。友達が勧める製品を欲しくなってしまったり、「先着10名様限定」など、特別に扱われたような気がすると購入しなければいけないような気持ちになってしまったりします。このような行動を参考にしてキャッチコピーを作ると、ターゲットの心にひっかかるメッセージになりやすいので、ぜひ実践してみましょう。

キャッチコピー作りで大事なこと

キャッチコピー 例文

キャッチコピーは、ターゲットに対し、一定の目的を達成するために作ります。そのため、キャッチコピーを作ったら、ターゲットにそのメッセージがしっかり届くかどうか、チェックする必要があります。

繰り返しますが、キャッチコピーはありきたりなものでは効果がありません。伝えたいことをすべて含みながらも、ターゲットが一瞬にしてキャッチできるものでなければならないのです。

  • 瞬間的に覚えられるキャッチーさ
  • リズム感
  • 驚き、意外性、独自性
  • ターゲットの立場で考えられること
  • ターゲットがポジティブさを感じられること

以上は、キャッチコピーが満たしていなければならない要素です。

キャッチコピーを考えついたら、これらを満たしているかどうか必ずチェックしましょう。とはいえ、すぐにすばらしいキャッチコピーを思いつくことはかんたんではありません。時には秀逸なキャッチコピーを集めた書籍を参考にするなどして、感覚をつかむ努力をすることも重要です。あとは繰り返しキャッチコピーを作ることで、感覚を自分のものにしましょう。

誰でも簡単に作れるキャッチコピーとは?

キャッチコピーを作る際には、直感やひらめきで作る場合もあります。ただ、直感などに頼ると、読み手から反応を得ることができる、”再現性が高いキャッチコピー”を作ることができません。

その悩みを解決するために、刺さるキャッチコピーの型をご紹介いたします。この型と考え方を仕入れることで、誰でも簡単に「刺さるキャッチコピー」を書くことができます。こちらがその記事「【保存版】今すぐビジネスに使える”売れるキャッチコピーの作り方”」です。

キャッチコピー作りで注意すべきこと

キャッチコピー 例文

驚きや意外性はキャッチコピー作りで重要な要素ですが、驚きや意外性ばかりに気をとられると、広告への利用にふさわしくないものになってしまったり、真実とはかけ離れた内容になってしまったりすることがあります。キャッチコピーも景品表示法で不当表示とされる可能性があるので、ターゲットへのアピールばかりに気をとられず、法に触れることがないよう、注意する必要があります。

最後に|一番伝えたいこと

キャッチコピー 例文

キャッチコピーの作り方や、キャッチコピーを作る際に注意すべきことも紹介しました。本記事で一番伝えたいことは、ターゲットの側に立って、心にすっと入っていくような自分の型を見つけることです。

先ほどのご紹介した「刺さるキャッチコピーの型」を使いこなし、自分でもお気に入りの型を作ることを意識しましょう。結果として、どんな商品/サービスでも売ることができるようになります。

追伸

本記事は、刺さるキャッチコピーの作り方をご紹介しました。キャッチコピーだけではなく、普段の文章も”読み手の心に刺さる文章”を書きたいと思いませんか?

そのような文章に対して、向上心の高い方向けの記事「【1秒で刺さる書き方】あなたの文章が劇的に生まれ変わる」があります。これが使えるようになれば、あなたは無敵です。

刺さる文章【1秒で刺さる書き方】あなたの文章が劇的に生まれ変わる前のページ

マーケティングにペルソナは必須|ターゲットとの違いや設定のコツも解説次のページマーケティング ターゲット ペルソナ

関連記事

  1. マーケティング ターゲット ペルソナ

    セールスマーケティング

    【ブログ集客大全】見込み客を呼ぶ3つの視点と7つのコツ

    ブログ集客は、今なおWebマーケティングの根幹を担う集客手段です。…

  2. 営業マン 副業

    セールス

    7日間の売上830万円|営業マンが副業に「売る力」を活かした結果

    営業マンとして本業に勤しむかたわら、「副業を始めたい」と意欲を持つ姿…

  3. 文章で稼ぐ

    セールスライティング

    文章で稼ぐ「6つの方法」をプロライターが徹底解説

    文章を書いて稼ぐことは「簡単」とも「難しい」とも言われますが、どちら…

  4. ブログ 書き方 SEO

    セールスライティング

    アクセスが集まるブログ記事の書き方【現役ライターのSEO戦略】

    この記事では、下記の3点を中心にお話していきます。ブログの「…

  5. セールスライティング法則

    セールスライティング

    ペン1つで人を行動させるセールスライティングの「6つの法則」

    商品やサービスを売るためのセールスライティングでは、ユーザーを行動へ…

  6. キャッチコピー

    セールスライティング

    心に響くキャッチコピーを考え出す方法|コツやテクニックについても解説

    私たちは、日々、キャッチコピーと接しています。テレビのCM、インター…

文章で稼ぐメルマガ講座

影響力を獲得するLINE講座

カテゴリ

  1. セールスライティング コピーライティング 違い

    セールスライティング

    目的で書き分ける「セールスライティング」と「コピーライティング」
  2. 営業 クロージング コツ

    セールス

    【営業の極意】すぐ実践できる成約率を上げる「クロージングのコツ」
  3. マーケティング ベネフィット

    セールスマーケティング

    【マーケティング初心者必見】ベネフィットとメリットの違いを徹底解説
  4. ブログ 収益化

    ブログ

    ブログ収益化が難しいと勘違いしてしまう理由【2022年版】
  5. セールス 営業 フリーランス

    セールス

    【仕事獲得の一流思考】営業力のあるフリーランスになる5つの考え方
PAGE TOP