Webライティング

ブログ

Webライティングの基礎知識・Webライターにとって必須の知識を紹介

Webライティングの仕事が注目を集めています。こんなご時世ですし、在宅、そして副業として収入を得ることを考えると、たしかにWebライティングの仕事は理想的かもしれません。なぜなら、インターネット、SNSの発展によりライターが不足している今、クオリティの高い文章を書けるライターが求められているからです。ただ、ライターとして仕事がとれるようになるには、身につけるべきことがたくさんあります。

本記事では、”現役セールスライター”がWebライターとして身につけておくべき基礎知識を紹介しているので、「Webライターを始めた」「Webライターを目指している」という人は、ぜひ読んでみてください。

追伸
最後の章に、「誰にも教えたくなかった”刺さる文章の書き方」をご紹介しています。

Webライティングという仕事

Webライティング

Webライティングは、読んで字の如く、Webサイト用のコンテンツを書く仕事のことです。インターネットの登場でコンテンツの制作需要が増大し、Webライターが求められるようになりました。SNSが発展した現在、さらに需要が増大しているWebライターには、これまでのライターとは異なるインターネットの知識、特にSEOに関する知識が求められます。

Webライターの多くはフリーランスです。スキルシェアリングサイトなどを利用して受注しているライターが多いようですが、なかには記事制作代行会社に所属して仕事をしているWebライターも存在します。

しかし、この構造がWebライターの低レベル化を招いていることは否定できません。スキルシェアリングサイトには、Webライター(自称)と低単価で記事を制作しようという業者が多く存在しています。

そのため、記事制作代行会社やWebメディアを中心に、ライティングスキルやSEOを知る、信頼のおけるWebライターが求められているというわけです。

Webライターが知っておくべきWebライティングの基礎知識

Webライティング

Webライターを始めたばかり、もしくはこれからWebライターになりたいという人が知っておくべきWebライティングの基礎知識をご紹介します。

レイアウトを意識してライティング

Webのための記事を制作するWebライターは、Web特有のレイアウトを意識してライティングする必要があります。Webは、アナログメディアほどレイアウトの自由度が多くないので、レイアウトを意識することは重要です。もっとも、文字の配分までライターが意識する必要はほとんどありません。意識すべきことはセクションとその構成です。

一般的な記事の構成

たとえば、記事には下記のセクションがあります。

  • タイトル
  • アイキャッチ画像
  • 導入文(書き出し)
  • 本文
  • 見出し

「シェアボタン」などの「ボタン」も記事の構成要素ですが、これらの構成要素はメディアにより異なるので、基本としてWebライターが覚えておくべきセクションは、「タイトル」「導入文」「中見出し」「小見出し」「本文」「まとめ」といった基本的な構成でしょう。

「タイトル」は、記事のタイトルであり、「大見出し」です。すでに指定されている場合もありますが、ライターが考えなければならない場合もあります。検索結果に表示されるため、30文字程度でタイトルを設定するのが一般的です。タイトルには必ずキーワードを、できれば前方に含めるようにします。

導入文

導入文は「書き出し」などとも呼ばれる、タイトルのあと、本文の前に位置するセクションです。通常、100~200文字程度でライティングします。ただ、構成によっては特に文字数が指定されていなかったり、文字数を多く指定されたりする場合もあります。

中見出し

タイトルが大見出しですから、本文に入り、セクションタイトルとなるのが「中見出し」です。中見出し、小見出しを含め、しっかり構成を指定して仕事を依頼する業者もありますが、Webライター自らが作らなければならない場合もあります。中見出しを作る際もタイトルのときと基本は一緒で、キーワードを必ず含めます。

小見出し

中見出しの下層に位置するセクションタイトルが「小見出し」です。小見出しをつける際もキーワードを含めますが、タイトルや中見出しほど気にする必要はありません。

本文

中見出しや小見出しの内容に当たるのが「本文」です。しっかり文字数を指定している業者もありますが、ほとんどの場合、大まかなものです。

まとめ

「まとめ」と呼ばれることが多いようですが、特に決まりはなく、要するに記事を締めくくるためのセクションです。多くの場合、記事の内容を端的にまとめ、ユーザーを行動に導くような文章が好まれます。

SEOに欠かせない「hタグ」

Webライティング

Webライターは「hタグ」を知らないと仕事になりません。タイトルや中見出し、小見出しについて、そのセクションの重要性を説明しましたが、ここに使われるのがhタグです。

通常、タイトルには「h1」、中見出しには「h2」、小見出しには「h3以下」が使われます。Webライターが記事を書くときに、このhタグを直接書き入れることはあまりないかもしれませんが、Googleはこのタグを読んでコンテンツの内容を把握しているため、その重要性についてはWebライターもしっかり把握しておく必要があります。

Webの特性を理解してライティングに活かす

Webライティング

WebライターがWebサイトをデザインするわけではありませんが、Webの特性を理解しておくと、ライティングの際にその知識を生かせます。代表的なものをここで紹介しておきましょう。

Webの記事には見えない部分がある

Webサイトは通常、縦長で、ユーザーはスクロールしながらコンテンツを読みます。そのため、ほとんどの場合、本文はファーストビューには登場しません。ユーザーがスクロールしてはじめて、本文が視界に入ってくるわけです。

これは、ファーストビューでユーザーの興味を引けないと、そのユーザーはコンテンツを読むことなしに離脱してしまう可能性があることを意味しています。そのため、Webライティングでは、スクロールしてもらうためにユーザーをしっかり引きつけることを考えなければなりません。

Webの記事は流し読みされる

ユーザーは、よほど興味や関心のあるトピックでない限り、真剣に記事を読んではくれません。Webライターにとってはつらいことかもしれませんが、それが現実です。ただ、ユーザーの興味や関心さえ引ければ、流し読み程度ならしてくれるので、やはり質の高い文章を書くことは重要です。質の低い誤字脱字だらけの文章では、ユーザーは早々に離脱してしまうので気をつけましょう。

Webライティングの基本中の基本

Webライティング

最後に、「Webライティングの基本中の基本」についてお話ししておきましょう。

見出しで内容を理解させる

すでに見出しが構成されている案件もありますが、このような案件以外ではWebライターが見出しを構成します。見出しだけで全体の内容がわかるように見出しを構成しましょう。

文章は簡潔に

長い文章はユーザーの読む気持ちを失わせます。Webライティングの文章は「簡潔に」が基本です。

主語を意識する

「見出しがあるから主語を入れなくてもわかる」

たしかにそうかもしれませんが、主語がない文章は、正しい文章とは言えません。日本語は主語がなくても通じる文章ですが、見出しがなくても通じる文章を書くことを心がけましょう。

最後に|惹きつける文章術を紹介

Webライティング

Webライティングの基礎知識を紹介しました。実はまだまだWebライターならば知っておかなければならない知識はたくさんありますが、紹介した基礎をまず身につけて、実践の中で学んでいきましょう。

追伸

本文内でお伝えした、「惹きつける文章」と「質の高い文章」を”同時に学べる”記事「【1秒で刺さる書き方】あなたの文章が劇的に生まれ変わる」になります。Webライティングで仕事を獲得していきたいのであれば、最低限この記事で書かれていることをマスターしておくべきです。

Twitter フォロワー 増やすTwitterでフォロワーを増やすコツ|初級編から上級編を解説前のページ

コンテンツライティングとは?マーケティングに求められる基本テクニック次のページライティング マーケティング

関連記事

  1. ブログ 集客 書き方

    セールスライティング

    月間6.3万PV突破|どんどん集客できるブログの書き方

    集客力を獲得し、どんどんと成果を出しているブログは“読者目線”を徹底…

  2. マーケティング ターゲット ペルソナ

    セールスマーケティング

    「行動する読者」を呼ぶブログ集客のコツとは?3つの視点と7つの方法

    ブログ集客は、今なおWebマーケティングの根幹を担う集客手段です。…

  3. Twitter ブログ 連携

    ツイッター

    ブログとTwitterを連携させることで生まれるメリットについて解説

    本記事ではブログとTwitterを連携させることで生まれるメリットに…

  4. 文章の書き方 基本ルール

    セールスライティング

    誰でも90点をとれる文章の書き方|9つの基本ルールを理解【例文付き】

    これまで「文章力が重要である」という認識は、一部の人しか持っていませ…

  5. ブログ 書き方 SEO

    セールスライティング

    アクセスが集まるブログ記事の書き方【現役ライターのSEO戦略】

    この記事では、下記の3点を中心にお話していきます。ブログの「…

  6. ライティング マーケティング

    ブログ

    コンテンツライティングとは?マーケティングに求められる基本テクニック

    「コンテンツマーケティング」という言葉を聞いたことがありますか?コン…

おすすめのコンテンツ

無料LINE

カテゴリ

  1. Twitter ブランディング

    セルフブランディング

    Twitter「計7万フォロワー」の個人ブランディング術を公開
  2. マーケティング ベネフィット

    セールスマーケティング

    【マーケティング初心者必見】ベネフィットとメリットの違いを徹底解説
  3. 5W1H

    セールスマーケティング

    5W1Hとは?ビジネスシーンでの使い方について
  4. キャッチコピー 例文

    セールスライティング

    誰にでも刺さるキャッチコピーの作り方を例文付きでご紹介します
  5. 売れる営業マン

    セールス

    「売れる営業の本質」を話そうか。将来の息子に向けた7通の手紙
PAGE TOP