コピーライティング 作り方

セールスライティング

コピーライティングとは?基礎知識やコピーの作り方について解説

本記事ではコピーライティングの基礎知識やコピーの作り方について解説しています。コピーライティングはマーケティングやブランディング戦略に欠かせない武器です。

商品やサービスをターゲットユーザーに認知してもらい、購入に導くことがマーケティングの大きな目的のひとつです。その目的を達する武器としてとても有効なのがコピーライティングです。商品やサービスをターゲットユーザーに印象づけるキャッチコピー。秀逸なキャッチコピーは、ターゲットユーザーの頭から離れないほどパワフルな影響力を持ちます。

コピーライティングとは

コピーライティング 作り方

コピーライティングとは、ターゲットユーザーに購買やカタログ請求などの行動をとってもらうためのコピーを考え出す作業のことです。アナログ・デジタルメディア問わず、さまざまな場面でコピーライティングのスキルが必要とされています。コピーの特徴は短い文言を使うこと。この短い文言でターゲットユーザーに商品やサービス、企業の魅力などを伝えなければならないため、コピーライターには豊かな想像力も求められます。

コピーライティングを始める前に

コピーライティング 作り方

コピーを考え出すにはクリエイティブでなければなりませんが、当然、それだけではターゲットユーザーの心に響くコピーは作れません。コピーライティングを始める前に、ターゲットユーザーの絞り込みと、そのニーズを的確に理解する必要があります。

ターゲットユーザーを絞り込む

商品やサービスのターゲットとなるユーザーの絞り込みを行います。性別、年齢などのベーシックな分類ではなく、年収や家族構成、居住地域などの要素も考慮して、ユーザーの具体像を描きます。※詳しくはこちらの記事「マーケティングにペルソナは必須|ターゲットとの違いや設定のコツも解説」で紹介しています。

ターゲットユーザーを絞り込んだら、彼らがどんな問題を解決したいと思っているのか、その「ニーズ」について考えます。コピーを考える側は、そのユーザーのニーズに応え、さらにどんな付加価値が提供できるのかを考えて、コピーに落とし込んでいきます。

コピーライティングの流れ

コピーライティング 作り方

コピーは、短い文言の中にさまざまな要素を落とし込まなければならないため、特定のステップを踏むと、求めているコピーの姿が見えやすくなります。コピーライティングを考え出す流れは大まかに4つのステップで構成されています。

ステップその1・ターゲットユーザーのニーズを検証

最初のステップでは、ターゲットユーザーのニーズと、自社が提供できる価値について検証します。ターゲットユーザーが困っていること、解決したいことを抜粋。さらに自社の商品やサービスのどんな特徴により、ターゲットユーザーがもつ問題を解決できるのか、ペアリングしてみます。

ペアリングすることで、「ターゲットユーザーに響く自社が提供できる価値」、そして「響かない自社が提供できる価値」が見えてきます。自社では魅力に思っていても、思いのほかターゲットユーザーが求めていないこともあるので、ユーザーニーズと自社の提供できる価値を照らし合わせてみることはとても重要です。

ステップその2・キーワードを特定する

ターゲットユーザーのニーズと自社が提供できる価値を確認したら、両者にマッチする価値の中から重要なキーワードを特定します。

ステップその3・文章にしてみる

特定したキーワードを使ってターゲットユーザーに響く文章を作ってみます。このステップでは、文字数や文の長さを考える必要はありません。セールス文を書くときと同じ感じで文章を書きます。

文章にしてみると、「短いコピーにたくさんの要素を詰め込むことは難しい」ことが理解できるはずです。

「それなら、最初から絞り込めば?」

と考えるかもしれませんが、一度文章にしてから、一つひとつの要素を分けることが大切です。また、長文にすることで「詰め込みたい要素の中にも優先度がある」ことがわかります。

このようにして、コピーの原案をいくつか考えます。

ステップその4・コピーにまとめる

前のステップで作ったコピーの原案を基にコピーを作ります。長文から短いコピーを作る際は、ターゲットが「すぐに理解できる」「価値や魅力を感じられる」とともに、自社商品やサービスの差別化ができているか、必ずチェックしてください。

コピーは、商品やサービスがターゲットユーザーのニーズを満たすこと、そして購入することで得られるメリットがターゲットユーザーにイメージできることが重要です。ただし、大げさなコピーは御法度です。ユーザーからの信頼を裏切ることになるため、注意が必要です。

もっとコピーライティングがうまくなるためのコツ

コピーライティング 作り方

コピーライティングは、ただ文章を作るだけという作業ではないので、特に初めての人にとっては難しさがあると思います。しかし、ポイントを押さえて繰り返しコピーを作る内に、コピーライティングのコツは掴めてくるものです。ここからはそんなコピーライティングのコツを紹介します。

ポジティブに

コピーは、ユーザーにとってポジティブなメッセージであることが大切です。すべてのコピーがポジティブなわけではなく、ネガティブ方向のメッセージで行動を促す方法もあります。しかし、基本的にはポジティブなメッセージを伝えたほうが、ユーザーにとって「将来の希望」のように思えるのでおすすめです。

たとえば、「増え続ける体重。このままでは…」よりも「もう体重計に乗るのは怖くない。頼れるダイエットサプリ!」のほうが、ユーザーに行動を促しやすいでしょう。

メリットを伝える

商品やサービスを手に入れることで、ユーザーが得られるメリットを伝えましょう。このメリットは、商品やサービスに備わる要素ではなくても、「期間限定30%OFF!」などのように、ユーザーにとっての「特別感」でも有効です。※メリットを理解した方は、キャッチコピーに欠かせない”ベネフィット”も合わせて覚えておいてください。ベネフィットに関しての詳しい記事は「【マーケティング初心者必見】ベネフィットとメリットの違いを徹底解説」になります。

新鮮な情報を伝える

感度の高いユーザーは新鮮な情報を求めています。このようなユーザーをターゲットにする場合は、新鮮な情報を伝えることを意識しましょう。

たとえば、「最新!」「速報!」などは、新鮮な情報を求めているユーザーの心をつかみやすい文字列です。※詳しいテクニックが知りたい方は、こちらの記事「【保存版】今すぐビジネスに使える”売れるキャッチコピーの作り方”」をご参考にしてみてください。

ハードルを下げる

ユーザーにとって興味がある商品やサービスでも、価格など、なんらかの要素が購入までのハードルを上げていることがあります。このようなユーザーに響くのがハードルを下げるひと言です。

たとえば、「ワンクリックだけで申し込み完了!」は、ネットショッピングの煩雑さを嫌っているユーザーの心を動かせるひと言です。このようにユーザーの心を動かせる一言をまとめた記事「【1秒で刺さる書き方】あなたの文章が劇的に生まれ変わる」があります。ぜひ参考にしてみてください。

コピーは視覚に訴えることも重要

コピーは「文言」であり、コピーライティングは主に文字でターゲットユーザーにアピールします。しかし、文字で伝えるだけではなく、視覚的効果も考えてメッセージを考えることも重要です。

効果的なコピーかどうか確認するには

コピーライティング 作り方

考え出したコピーが効果的なものであるか、最終的に確認しましょう。コピーが完成した直後は「自画自賛」だったのに、時間が経過すると「なんだかちょっと」という気持ちになってしまうことはよくあります。

コピーを考えた翌日に読み直してみましょう。違和感がなければ手直しする必要はありません。違和感があったら修正しましょう。

コピーライティングに関わっていない社内のスタッフにコピーを読み上げてもらうのも効果的です。スムーズに読めないようなら、改善の余地があるかもしれません。

最後に|ヒットするキャッチコピースキルを公開

コピーライティング 作り方

コピーライティングは、短いメッセージの中にいろいろな要素を落とし込む必要があります。まずは基本をマスターして、繰り返しコピーを考えることでコツをつかみましょう。

追伸

最後にご紹介するこちらの記事「【永久保存版】ヒットするランディングページのキャッチコピーを解説」は、個人事業主や企業のWEB担当者向けの記事になります。ぜひ、参考にしてみてください。

Twitter マーケティング個人で行うTwitterマーケティング【個人事業や副業に役立つ】前のページ

ブログ集客を始めるならライティングスキルを磨きなさい次のページブログ集客 ライティングスキル

関連記事

  1. 副業 ライティング 始め方

    セールスライティング

    【初心者必見】副業Webライターのライティングの始め方と稼ぎ方

    ライティングの仕事は誰でもできる仕事です。なぜなら、ライティングに特…

  2. Sales writing

    セールスライティング

    【思わず欲しくなる】売上アップに繋がるランディングページの書き方

    ランディングページは「準備」が命ランディングページ(…

  3. ランディングページ キャッチコピー

    セールスライティング

    【永久保存版】ヒットするランディングページのキャッチコピーを解説

    「素人でも売れるランディングページのキャッチコピーを作りたい」…

  4. セールスライティング 法則

    セールスライティング

    【売れる文章術】セールスライティング9つの行動心理学の原理と法則

    セールスライティングは、ユーザーの共感を呼び、ユーザーにどんなベネフ…

  5. セールスライティング 書き方

    セールスライティング

    月収1,000万円を稼ぐ「セールスライティングの書き方と型」

    商品でもサービスでも、インターネット上で販売しようとするならば、文章…

  6. セールスライティング コツ

    セールスライティング

    売れるセールスライティングのコツと学習方法を解説

    インターネット上で商品やサービスを売るのであれば、セールスライティン…

文章で稼ぐメルマガ講座

影響力を獲得するLINE講座

カテゴリ

  1. ライター 独学

    セールスライティング

    一流ライターの独学術|Webライティングの勉強方法を全公開
  2. ペルソナ 不要

    セールスマーケティング

    ペルソナは不要?現役ライターが「読者設定は意味ない」の落とし穴を語る
  3. 営業 クロージング コツ

    セールス

    【営業の極意】すぐ実践できる成約率を上げる「クロージングのコツ」
  4. 文章で稼ぐ

    セールスライティング

    文章で稼ぐ「6つの方法」をプロライターが徹底解説
  5. マーケティング ターゲット ペルソナ

    セールスマーケティング

    【ブログ集客大全】見込み客を呼ぶ3つの視点と7つのコツ
PAGE TOP