文章で稼ぐ

セールスライティング

文章で稼ぐ「6つの方法」をプロライターが徹底解説

文章を書いて稼ぐことは「簡単」とも「難しい」とも言われますが、どちらの意見も当てになりません。なぜなら文章で稼ぐ方法は無数にあるからです。

今回は文章で稼ぐ方法をまず2つに大別し、そこから6つへ細かく分類して紹介します。

  • 技術不要で少額を稼げる仕事
  • 技術必須で大きく稼げる仕事

前者だけを見れば「始めるのは簡単だが稼ぎにくい」という意見が挙がりますし、後者だけを見れば「勉強は不可欠だが稼げる」といった意見が出ます。

ですから、稼ぎ方に複数の種類があることを把握し、どちらの稼ぎ方を選んでチャレンジを始めるか……を決断した人でなければ、実際に行動へ移したとき「全然稼げないぞ」や「難しすぎるぞ」といった感想が浮かぶのです。

本記事では、あなたが各稼ぎ方の内容を理解した上でチャレンジできるように、6つのケースの特徴をそれぞれ紹介していきます。

手軽に文章で稼ぐ方法2選

文章を書いて稼いだ経験がなくても始められる主な仕事には、以下が挙げられます。

  • アンケートモニター
  • Webライター

後述する他の仕事と比べれば、これらの仕事は「誰でも簡単に稼ぎやすい」と言えます。月50~100万円ほどの高収入を得る方法としては適しませんが、今ある知識やスキルで稼ぎたいと思ったとき候補に挙がる“入口”的な働き方です。

アンケートモニター

アンケートの仕事は、アンケートサイトやクラウドソーシングで募集されています。

  • 〇〇社の商品を使った感想を募集
  • あなたのオススメ〇〇を教えてください
  • 人生で一番〇〇に感謝したのはいつですか?

上記のようなアンケートにWeb上で回答し、報酬を受け取る仕事がアンケートモニターです。アンケート内容によっては数分の作業で報酬を得られるものもあり、文章を書いて稼ぐ手段としては最も手軽な部類に入ります。

ただし、執筆する文章量に対する報酬額は低いため、継続的にまとまった収入を得るための仕事としては不向きです。

Webライター

Webライターの仕事はクラウドソーシングを始め、求人媒体やSNS上で募集が行われています。例えば、Twitterを開いて「#ライター募集」と検索をかければ、企業や個人事業主がWebライターを集めている様子が確認できるはずです。

Webライターと一口に言っても、大手企業のコラム執筆から個人ブログの記事執筆まで仕事内容は多岐にわたります。以下は本記事の公開時点でクラウドソーシングに掲載されていた募集の一例です。

  • マッチングアプリを比較解説する記事の制作
  • 証券取引所の開設手順を説明する記事の制作
  • 現在申請できる補助金を紹介する記事の制作

上記に限らずあらゆる執筆案件があるため、あなたの本業や趣味の知識を活かせる仕事が見つかれば、楽しく文章を書きながら報酬を得られます。

一般的に「ライター未経験者が受注できる仕事」のラインとして挙げられる数字は、1文字につき0.5~1円程度と言われています。5,000字書いて2,500~5,000円の報酬を得られる計算であるため、情報収集の時間も加味すれば割の良い金額とは言えません。

ただし、執筆内容の専門性に比例して報酬額が高くなる傾向があり、特定分野の深い見識が求められる仕事では1文字あたり10円以上が支払われることも多々あります。この水準の仕事を獲得し、仮に1日に5,000字を書けるようになれば、日給が5万円程度になる計算です。

記事制作のために根気良く勉強できる人や、すでに専門知識を持っている人にとっては稼ぎやすい仕事だと言えるため、巷で言われている「Webライターは稼げない」という声に惑わされず、一度挑戦してみることをおすすめします。

勉強してドカンと文章で稼ぐ方法2選

私自身が“意欲と根気さえあれば大きく稼げる方法”と実感している稼ぎ方は以下の2つです。

  • セールスライター
  • コンテンツ販売

「もう一度ゼロから文章で稼ぐキャリアを築け」と言われたなら、私は迷わずセールスライターとコンテンツ販売に力を入れます。そのくらい市場がガラ空きですし、努力量に対して割の良いリターンが期待できる稼ぎ方です。

セールスライター

セールスライターは、文章でモノやサービスを売る仕事です。企業の裏方に回って商品販売ページの訴求文を最適化したり、セミナー案内ページの文面を練って申し込み数を増やしたり、文章を駆使して売上アップに繋がる行動を起こします。

セールスライターの力量により依頼側の売上が左右される都合上、責任重大であるため報酬額も高い傾向にあります。

Webライターの場合、1文字あたり5~7円を超えれば高単価と言われますが、セールスライターの場合は1文字あたり10円以上が当たり前です。それどころか1文字につき30円、100円といった単価の執筆依頼も珍しくありません。

私自身がセールスライターであるため、自らの知見をライター志望者の方々に役立てていただきたいと思い、当ブログにはセールスライターとして稼ぐためのハウツーをちりばめています。セールスライティング技術の基本を覗き見したい方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

≫月収1,000万円を稼ぐ「セールスライティングの書き方と型」

コンテンツ販売

セールスライターは「人の商品を売る仕事」ですが、コンテンツ販売は「自分の商品を売る仕事」です。ピンと来ない方も多いはずですから、私が実践しているコンテンツ販売の一例をご紹介します。

私が初めて自ら開発し、Twitterを使って告知・販売したコンテンツが下記の投稿にある「書き方が9割『一瞬で虜にする無敵の文章術』」です。

デビュー作ということもあり制作に多大な時間を要しましたが、こちらのコンテンツは販売開始から7日間で830万円の売上を生んでくれました。その後も継続的に売れており、これだけでもまとまった収入になっています。

ここで注目していただきたいのが、私のコンテンツ販売は「文章だけで完結している」という点です。

830万円を売り上げるために、モデルのような容姿も必要ありませんし、芸人レベルのトーク力も必要ありませんでした。文章だけで価値あるコンテンツを書き上げ、文章だけで宣伝活動をして会社員の年収相当を稼げた経験は、私に“文章のポテンシャル”を教えてくれました。

「そんなウマい話があるわけない」と疑う方が99%なので、そのタネを学べる無料メルマガを用意しています。文章だけで起業できるスキルが欲しい方のみ、以下の案内ページをご覧ください。

≫文章で徹底的に稼ぎたい人のための無料メルマガ

地道にコツコツ文章で稼ぐ方法2選

コンテンツ販売ほどの爆発力はないものの、あなたが書いた文章を少しずつ収益化する方法があります。コツコツと継続的に月1~3万円ほどの収入を作るなら、以下の稼ぎ方も候補となるでしょう。

  • 電子出版
  • 広告主体のブログ運営

なお、いずれもプチ副業の域を出ないため、一部の成功ケースを除いてリターンが小さい点にご留意ください。

電子出版

自分自身で執筆した原稿さえあれば「Amazon Kindle」や「楽天Kobo」に電子書籍を出版できます。電子書籍は1,000円以上の価格設定にすると途端に売れ行きが鈍りますが、Amazonや楽天に掲載されるため自力で集客する必要がありません。

印税率はKindleが35~70%、楽天Koboが45~70%であるため、1,000円の電子書籍を月に50冊販売すれば最大3.5万円になる計算です。決して大きく稼げる方法ではありませんが、出版に憧れがある場合には選択肢に入れても良いでしょう。

広告主体のブログ運営

  • クリック報酬型広告
  • 成果報酬型広告

クリック報酬型広告は、ブログ記事に表示された広告を読者がクリックした際、その広告内容に応じた報酬がブログ運営者に支払われます。「読者がクリックすれば広告料が発生する」というハードルの低さは魅力ですが、報酬額は1クリック数十~数百円と少ない傾向です。

一方の成果報酬型広告は、ブログ記事に掲載された広告を読者がクリックし、遷移先のページから商品やサービスが成約したときブログ運営者へ報酬が支払われます。

基本的にクリック報酬型広告より報酬額は大きく、また成約した商品やサービスが高額であるほど受け取れる広告料は多額になる傾向があります。以上の理由から、まとまった利益を得るなら成果報酬型広告の掲載が良いと言われていますが、収益化は決して簡単ではありません。

以下の資料は、成果報酬型広告の代名詞であるアフィリエイトを対象に、アフィリエイト運営者の経験年数と収益額について調査したデータです。

出典:アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2022年

やや見方が複雑なグラフではありますが、サラリーマンの月収に相当する20~50万円以上を稼ぐだけでも、狭き門をくぐらなければならないとイメージできます。

もう少し求める収入を控え目にして、月5万円未満を狙うのであれば広告主体のブログ運営も“アリ”と判断できるものの、私の感覚としては「セールスライターやコンテンツ販売より稼ぎにくい」という印象です。

少なくとも今ゼロから文章で稼ぐとして、私が広告主体のブログ運営に手を出すことはありません。

最後に|文章で稼ぐ無料攻略メルマガ

「文章で稼ぐ」と言っても方法は多岐にわたり、収益構造も稼ぎやすさも全く違うことを理解していただけたかと思います。

実際に文章を書いて収入を得ている私から、今から文章で稼ぐことに挑戦するあなたへアドバイスをするとしたら、セールスライターとコンテンツ販売を1つのゴールとするキャリアを提案します。

そして、そのキャリアを実現するための無料メルマガもご用意しました。購読は完全無料ですので、まずは案内ページをご覧いただき購読をご検討ください。

≫文章で徹底的に稼ぎたい人のための無料メルマガ

営業 クロージング コツ【営業の極意】すぐ実践できる成約率を上げる「クロージングのコツ」前のページ

【盲点】営業が辛い、うまくいかない人が知るべき”たった2つ”のこと次のページ営業 うまくいかない 辛い

関連記事

  1. ブログ 集客 書き方

    セールスライティング

    月間6.3万PV突破|どんどん集客できるブログの書き方

    集客力を獲得し、どんどんと成果を出しているブログは“読者目線”を徹底…

  2. 文章の書き方 基本ルール

    セールスライティング

    誰でも90点をとれる文章の書き方|9つの基本ルールを理解【例文付き】

    これまで「文章力が重要である」という認識は、一部の人しか持っていませ…

  3. 営業マン 副業

    セールス

    7日間の売上830万円|営業マンが副業に「売る力」を活かした結果

    営業マンとして本業に勤しむかたわら、「副業を始めたい」と意欲を持つ姿…

  4. Twitter ブログ 連携

    ツイッター

    ブログとTwitterを連携させることで生まれるメリットについて解説

    本記事ではブログとTwitterを連携させることで生まれるメリットに…

  5. 月収100万円Webライター

    セールスライティング

    月収100万円のWebライターを生み出す「小さな掛け算」の考え方

    Webライターの仕事は、なぜか“始めやすいけれど稼げない”と勘違いさ…

  6. Webライター 例文

    セールスライティング

    【例文9選】Webライターがクライアントをガチ切れさせた文章の書き方

    「安心してください。もう二度と頼みませんから」クライアント様…

文章で稼ぐメルマガ講座

影響力を獲得するLINE講座

カテゴリ

  1. セールス 営業 フリーランス

    セールス

    【仕事獲得の一流思考】営業力のあるフリーランスになる5つの考え方
  2. 売れる営業マン

    セールス

    「売れる営業の本質」を話そうか。将来の息子に向けた7通の手紙
  3. ブログ 書き方 SEO

    セールスライティング

    アクセスが集まるブログ記事の書き方【現役ライターのSEO戦略】
  4. 副業 ライティング 始め方

    セールスライティング

    【初心者必見】副業Webライターのライティングの始め方と稼ぎ方
  5. 文章の書き方 基本ルール

    セールスライティング

    誰でも90点をとれる文章の書き方|9つの基本ルールを理解【例文付き】
PAGE TOP