個人で稼ぐ力

セールス

副業実践者が「個人で稼ぐ力」を身につける方法と必要スキルを解説

2018年には国が副業を推奨し、いくつもの企業が社員の副業を解禁しました。この裏側にある意図は「自分の面倒は自分で見てください」という終身雇用の白旗宣言です。

だからこそ、当ブログでは “個人の名前”で戦う準備をすべきだと推奨してきました。

すでに、収入源を1ヶ所に依存してはならない時代が到来しています。ここでは、その状況のおさらいと具体的な行動プランを提示します。

今、個人で稼ぐ力が求められる理由

個人で稼ぐ力

東証マザーズに上場しているランサーズ株式会社の調査によると、日本国民の労働人口における24%がフリーランスとして活動しています。つまり働く人の4人に1人は、1ヶ所の勤務先に依存することなく自分の名前で仕事を得ているのです。

終身雇用が崩壊に向かい「自分の人生の責任を取れるのは自分だけだ」と察した人から、以下の手順を踏んで会社に依存しない状態を作っているとも言えます。

  • 人生に必要となる資金を計算する
  • 平凡な毎日を卒業し、副業を始める
  • 「1ヶ所に依存しない」を副業を育てる

「突然減給や失職にさらされても問題ない」という人を除き、人生設計を安定させるために“個人で稼ぐ力”は必要だと私も考えています。そして、営業マンとして働くかたわら私も副業を始めました。

「個人で稼ぐ力」を身につけるメリット

個人で稼ぐ力

実際に副業を始動させて、個人で稼ぐ力を身につけたことで私生活に変化がありました。

  • 本業の収入に依存しなくなった
  • 興味を持てることが仕事になった
  • 家族旅行や趣味に使える予算が増えた
  • 子供の教育にかけられる金額が増えた

家族と過ごす時間を充実させて、これまで我慢してきた悩みの種を解消することで「本当に守

りたいものを守る」が実践できるライフスタイルへ切り替えられたのです。個人で稼げるようになった安心感からか、精神面にも余裕が生まれて人間関係が円滑になったとも感じます。

「副業をしているから忙しくて大変なのでは?」と疑問が浮かぶかもしれませんが、熱中できることで稼げるなら働くことは苦ではありません。

私の副業は、筆一本でモノ・サービスを売るセールスライターという仕事です。

依頼を受けるたび新しい分野について学ぶ必要があり、これまで知らなかった知識へ触れることに刺激を感じます。そして最高の文章を書き上げ、取引先に喜んでいただく瞬間がたまらなく好きなのです。

副業なのですから、わざわざ“やりたくない仕事”を選ぶ必要はありません。楽しそうだと思える仕事を見つけてから、その分野で稼ぐ力を身につければ良いのです。

個人でも稼ぎやすい3つの仕事と必要スキル

個人で稼ぐ力

Google検索に“個人でも稼ぎやすい仕事”と入力すると、デザインやプログラミングなど多くの候補が出てきます。このとき「稼ぎやすい=誰でもすぐ副業にできる」ではないことに注意してください。

語学学校に通って、半年後にあなた自身が外国語講師の副業を始められそうですか?

おそらく「無理」や「難しい」という声が大半だと思います。

外国語を学ぶ難しさは義務教育で思い知らされていますが、デザインやプログラミングの難しさは分からない人が大半です。人間、知らないことへの評価を誤る生き物ですから、安易に「ノリで行けそう」と考えることはおすすめしません。

そこで、ここでは誰でもスタート地点に立ちやすい仕事を挙げました。いずれも日本人、かつ一定の社会人経験を積んでいる全員がチャレンジできる副業です。

Webライター

Webライターは、ネット上に投稿される記事を書く仕事です。

「人に情報を正しく分かりやすく伝える」という能力を磨く必要はありますが、日本語を書けるなら誰でもスタート地点に立てます。実際、ライターとして稼ぐ高校生もいるほどです。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • Webメディアの仕組みを学ぶ意欲

必要なものと言えば、これくらいです。独学に役立つ情報はネットから無数に仕入れられますし、関連書籍を10冊買っても勉強費用は1万円程度で済みます。

あとはネット検索を駆使し、Webライターを募集する人を探して「ぜひ記事執筆をお任せください」と営業をかければ売上が立ちます。私が知る範囲でも、未経験からWebライターに挑戦して、1ヶ月目にいきなり2~3万円の収入を得た例は珍しくありません。

Webライターの良いところは、誰でも“好き”を仕事にできることです。釣りが好きなら、釣り情報を発信するメディアのライターになれますし、アニメが好きならアニメの解説や考察情報を発信するメディアのライターを目指せます。

「文章を書くのは得意じゃない」と自覚する人は大勢いますが、あなたが熱中している分野について文章で語る仕事だと思えば、少し「自分にもできそうかも……」と興味が湧いてきませんか?

これこそ、私が今回最初にWebライターを紹介した理由です。

セールスライター

セールスライターは、セールス(販売)のための文章を書く仕事です。

Webライターに比べて難しいと言われる仕事ですが、セールスライターのスキルも土台は「日本語を使えること」です。肝心の“セールス”についても、難しく考える必要はありません。

1つ質問です。

家族や友人、恋人や親族の子ども、誰でも構いません。自分以外の誰かに「これおすすめだよ。ぜひ使ってみてほしい」と紹介した経験はありませんか?

  • おすすめのカフェを紹介した
  • おすすめの化粧品を紹介した
  • おすすめの映画作品を紹介した
  • おすすめのビジネス書を紹介した

紹介した結果、相手がその言葉通りに行動を起こしたなら、それがセールス(販売)です。あなたのトークをきっかけに、相手はモノやサービスにお金を払ったのです。

セールスを文章に落とし込めるようになるまで、少しは訓練期間が必要かもしれませんが、Webライターよりも高い単価の仕事をいただけます。「高収入を目指したい」と考えているなら、私はWebライターよりもセールスライターをおすすめします。

セールスライティングを学ぶ方法はこちらの記事にまとめました。

スキルシェア

スキルシェアは、手持ちのスキルを他者に共有して対価をいただく働き方、またはそれを可能とするサービスで稼ぐ行為を指します。

  • 家事を代行して報酬をいただく
  • 人生相談に乗って報酬をいただく
  • スポーツを教えて報酬をいただく

プロレベルでなくても、未経験者の役に立てる程度のスキルで成立することが多く、何か得意なことが1つでもあるなら始められる稼ぎ方です。ある意味では「簡単に個人で稼ぐ」の究極系とも言えます。

にもかかわらず、Webライターやセールスライターを先に紹介した理由は「学びのある稼ぎ方をおすすめしたい」と考えたからです。ライターの仕事は、日本語さえ書ければスタート地点に立てると言いましたが、どんな文章を書くにも“情報収集”は欠かせません。

そのため、ライター「始めやすい仕事であるにもかかわらず、どんどんと「教養が高まっていく仕事でもあるのです。

スキルシェアにも学びはあるはずですが、ライターの仕事は稼ぎと学びのバランスがより優れた働き方だと考えているため、個人的にはぜひライターの仕事に挑戦していただきたく思っています。

個人で稼ぐ人はこうやって仕事を獲得している

個人で稼ぐ力

副業を始めるとき、多くの人が「スキルさえあれば稼げる」という勘違いにぶつかります。

確かにスキルも重要ではありますが、個人で稼ぐ力=スキルではありません。どれだけ勉強して技能を身につけたところで、他者から仕事の機会をいただいて対価を受け取れなければ一銭も稼げないからです。

つまり、個人で稼ぐ力の中核は“仕事を獲得する力”なのです。

そして2022年、これから仕事を獲得する力を身につけるのであれば、ぜひTwitterを始めてほしいと考えています。Twitterで発信力を培って「こんなスキルがあります。ぜひご依頼ください」と配信すれば、それだけで仕事をいただけるからです。

発信力を身につける方法は、すでにこちらにまとめています。「Twitterはフォロワーを増やせば良いんでしょう?」という、よくある勘違いを正すところから解説させていただきます。

またTwitter上には、スキルのある人に仕事を任せたい人が大勢います。例えばライターとして仕事を受けたいなら、Twitterの検索機能を使って「#ライター募集」と検索すれば、文書制作の外注先を探している人がズラッと表示されます。

そこに対して営業をかければ、初仕事をいただくことは難しくありません。ただし営業のツボを押さえず「仕事がなくて困っています。仕事をください」のようなお粗末なメッセージを送ってしまうと、100%仕事をいただけません。

もし「営業はさっぱり分かりません」という状態にあるなら、当ブログで販売している『営業の極意』がお役に立つかもしれません。内容の評判は、引用リツイートからご確認いただけます。

本業では、60ヶ月連続売上グループNo1の営業マンとして活動し、副業でもセールスライターとして第一線で“売る”を追求している私が、営業のツボを「まるでコンサルティングを受けているように」学んでいただく教本として執筆したものです。

最後に−誰もあなたの未来を保証しません

個人で稼ぐ力

これからの時代、誰が何と言おうと“個人で稼ぐ力”は必要不可欠です。

「個人で稼ぐ必要なんてない」と止めてくる人がいたとして、その人はあなたの未来を保証してくれるのでしょうか。

……保証してもらえるはずがありません。

安心してください。私も副業を始めたばかりのころは、パソコンのキーボードを人差し指でポチポチと押していました。それどころか、30歳まで自前のパソコンすら持っていなかったのです。

これを聞いて「それなら自分にもできそうだ」と思い行動してくださった方は、きっと数年後に“本当の安定”を手に入れています。ぜひ、素敵な未来を掴み取ってください。

営業マン 副業7日間の売上830万円|営業マンが副業に「売る力」を活かした結果前のページ

誰でも90点をとれる文章の書き方|9つの基本ルールを理解【例文付き】次のページ文章の書き方 基本ルール

関連記事

  1. セールス 営業 フリーランス

    セールス

    【仕事獲得の一流思考】営業力のあるフリーランスになる5つの考え方

    「会社に場所や時間を縛られず、自由に働けるフリーランスに憧れる」…

  2. 営業 すごい人

    セールス

    No1営業マンの特徴「一流のすごい人」の勘違い

    私自身、売上4億円超を5年連続で達成するまで、一流営業マンを「真似で…

  3. ビジネス戦闘力 上げ方

    セルフブランディング

    【凡人必見】個人の時代を生き抜くための「ビジネス戦闘力の上げ方」

    このブログの内容は、年齢が若ければ若いほど効果があります。できれば、…

  4. ブレインダンプ

    セルフブランディング

    【超洗脳】面白いくらいビジネスに使えるブレインダンプのやり方

    「頭の中がモヤモヤして考えがまとまらない」「頭の中がぐちゃぐ…

  5. セルフブランディング 訴求

    セルフブランディング

    セルフブランディング戦略とは、あなた”ならでは”の強みを訴求すること

    企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロ…

  6. 営業マン 副業

    セールス

    7日間の売上830万円|営業マンが副業に「売る力」を活かした結果

    営業マンとして本業に勤しむかたわら、「副業を始めたい」と意欲を持つ姿…

文章で稼ぐメルマガ講座

影響力を獲得するLINE講座

カテゴリ

  1. セールスライティング コピーライティング 違い

    セールスライティング

    目的で書き分ける「セールスライティング」と「コピーライティング」
  2. 5W1H

    セールスマーケティング

    5W1Hとは?ビジネスシーンでの使い方について
  3. Twitter ブランディング

    セルフブランディング

    Twitter「計7万フォロワー」の個人ブランディング術を公開
  4. セールスストーリー

    セールス

    【セールスストーリー】伝説の営業マンが教える門外不出の4つのルール
  5. SNSマーケティング ツール

    セールスマーケティング

    【SNS別に比較】ひと目でわかるSNS分析ツールおすすめ10選
PAGE TOP